SURFTRIP専門旅行会社 ワールドシーコーポレーション      お気軽にお問合せ下さい 03-5289-7779 

バリ島の基本情報

 
 バリ島ってどんなところ?

バリ島
インドネシアの中でも特に「神々の島」と称されるバリ島は、インドネシア最大の観光地であり、高級ホテルが建ち並ぶ一大リゾート地。そのトロピカルな南国情緒に、バリ・ヒンドゥー教に彩られたきらびやかな伝統文化が独自の魅力を添えている。

正式国名: インドネシア共和国 Republic of Indonesia
首都: ジャカルタ Jakarta
州都: デンパサール Denpasar
面積: 5,633平方km (東京都の約2.5倍)
人口: 約320万人 (2005年)
政体: 立憲共和制
宗教: ヒンドゥー教約が約90%を占める。
他にはイスラム教徒、キリスト教徒、仏教徒など。
言語: 公用語はインドネシア語(バリ人同士の会話にはバリ語が使われる)。日本語ができるバリ人も多い。
通貨: 通貨単位はルピア。一般にRp.と表記される。
紙幣は500、1,000、5,000、10,000、20,000、50,000、100,000の7種類。硬貨は25、50、100、500、1,000の5種類。
Rp.100≒1.3円(2007年10月現在)

気候

インドネシアは赤道直下の熱帯性気候のため、乾季と雨季のふたつの季節がある。おおむね5〜10月が乾季で、11〜4月が雨季となる。乾季は湿度があまり高くならずに過ごしやすい。雨季は午後になるとスコールのような大雨が降り、湿度も高くなる。

服装の目安

年間を通して暖かくTシャツに短パンでOK!
薄手の羽織るものがあれば充分。

交通

ガルーダ・インドネシア航空ご利用の場合
成田---デンパサール 7時間
デンパサール---成田 11時間
関空---デンパサール 7時間
デンパサール---関空 7時間

パスポート

入国時点で残存有効期限が6ヶ月以上必要

ビザ(査証)

ビザは指定空港で、到着時に取得可(デンパサールのほか、ジャカルタ、ジョグジャカルタ、ソロ、スラバヤ、マナド、メダンなど)。
現地空港でのビザ料金は7日以内の滞在でUS$10、8日〜30日以内の滞在US$25。ビザ料金は、米ドルや日本円の現金のほか、クレジットカード(MASTER、VISA)で支払うことができる。
指定の空港や港以外から入国する場合は、事前に周辺国のインドネシア大使館などでビザ取得が必要となる。

基本的に出国用のチケット提示が必要となる。
また、日本出国前にパスポートの査証欄空白ページが3ページ以上必要。

電圧・周波数

電圧:220ボルト  周波数:50ヘルツ
プラグは丸ピン2本足のCタイプ。
日本で購入した電化製品を使用する場合には、変圧器とアダプターが必要。出発前に説明書も確認しておくこと。
*アダプターがあれば日本の電化製品で利用できるものもある。

時差

+1時間(日本が正午の時、バリ島は午後1時)

飲料水

インドネシアは軟水地域が多いが、バリの水道水は硬水。いずれにせよ生水は絶対に飲まずに、スーパーやコンビニなどでミネラルウォーターを購入すること。煮沸した飲料水を出すレストランもあるが、氷は殺菌処理されていないケースが多い。おなかに自信のない人は冷えたミネラルウォーターを頼もう。

観光

ウルワツ寺院---バリの6大寺院のひとつ
アートセンター---ケチャ・ダンスが催される
ヌサ・ドゥア ビーチ---美しい白砂のビーチ
バリダンスなどの伝統芸能、バリエステ、ショッピング、スキューバダイビングetc...

マナー

新年のニュピ(*)に、外出や火を使用することは一切禁じられている。緊急時でもないのにホテルの敷地を出ると、旅行者でも警察に逮捕される。また不浄の手とされている左手で、食べ物を持ったり、握手を求めないこと。また頭は精霊が宿る神聖な場所なので、相手が子供でも頭をなでてはいけない。


*バリ島にはサカ暦とウク暦と2つの暦があり、「ニュピ(ハリ・ラヤ・ニュピ)」とはヒンドゥー教のサカ暦の新年にあたる。2008年は3月7日
奄美大島サーフトリップ


TOP | 会社概要 | 出発までの流れ | お申込み/お問合せ | 旅行約款

HOME
ご旅行日程/料金
BALI surftrip
SURF GUIDE
Photo Album
Reservation
Office
Link
Airport / Baggage
Weather imfomation